ページトップへ戻る

胃カメラ予約
診療予約
お問い合わせ
内視鏡内科
胃内視鏡検査(胃カメラ)

 胃カメラが苦手な方には鼻より挿入できる経鼻内視鏡を用います。精密検査が必要な方は、超高画質と狭帯域光観(NBI)が可能な細径胃内視鏡を用います。ご希望の方には鎮静剤の使用も積極的に行っております。

次のような症状がある方は、胃内視鏡検査をおすすめします。
  • 胃バリウム検査異常
  • 胃痛、胃不快感
  • 胸やけ、げっぷ
  • ピロリ菌陽性の方
  • 血縁者にピロリ菌陽性・胃がんを患った方がいる
  • ピロリ菌除菌治療後の方
  • 自覚症状はなくても検査を受けてみたいと思われる方
鼻から挿入する
経鼻内視鏡検査

 経鼻内視鏡検査とは、通常では口から挿入する内視鏡検査(胃カメラ)を鼻から挿入して行う検査です。

鼻から挿入する経鼻内視鏡検査
鼻から挿入する経鼻内視鏡検査

 口から挿入する内視鏡検査と違い、「オエッ」となりにくい状態で検査を受けることができます。
「オエッ」となるのは咽頭反射(いんとうはんしゃ)といい、舌の根元に刺激があると起こります。経鼻内視鏡は図のように舌の根元への刺激が最小限であるため「オエッ」となりにくいです。
経鼻内視鏡検査を経験された方のうち9割近くの方が「次回も鼻から」の検査を希望されます。
また、経口胃内視鏡検査と違い、検査中に会話ができ、安心して検査を受けることができます。

経鼻内視鏡の特徴
経鼻内視鏡検査のメリット

・鼻から内視鏡検査を挿入するため、舌を圧迫しないので嘔吐反射がみられず「オエッ」となりにくいです。
・検査をしながら医師との会話も可能なので安心です。
・鎮静剤を使用しないため、車での来院も可能です。
・口でやって苦痛だった方には有用です。

経鼻内視鏡検査のデメリット

・内視鏡が細くなる分、画像の解像度が低く、視野が悪いため精密検査には不向きです。
 →病気のハイリスクの方にはお勧めできません。
・鼻の中を通るため、鼻の手術後の方、アレルギー性鼻炎のある方、鼻血の出やすい方、
 抗凝固薬(血をサラサラにする薬)を内服中の方はお勧めできません。
・どちらでもよいと言われる方には経口内視鏡をお勧めしています。

鎮静剤を用いた
胃内視鏡検査
鎮静剤を用いた胃内視鏡検査
 内視鏡検査では「オエッ」と咽頭反射を起こすなど、少なからず苦痛を伴うものです。熟練した技術に加え、個々に合わせた最適な量の鎮静剤を併用することで「正確で、苦痛のない」内視鏡検査を受けて頂けるようつとめます。
※鎮静剤は眠気が残るため、お車の運転は翌朝までお控えください。
忙しい方にも
負担のない検査を
夕方からの胃内視鏡検査
夕方からの胃内視鏡検査
 朝お忙しい方は是非ご利用ください。 朝食は検査の9時間以上前に摂って下さい。朝食は消化の良いものを食べるようにして下さい( 予約時お伝えします)。無色の水分は検査直前まで摂取可能です。
胃・大腸内視鏡検査の同日施行
胃・大腸内視鏡検査の同日施行
 忙しい方の時間的負担を考慮して、ご希望の方には胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受けて頂けます。
内視鏡検査の費用
胃内視鏡検査 概算費用
【健康保険3割負担の方】
胃内視鏡検査のみ
5,000~7,000円
胃内視鏡検査+組織検査
8,000~13,000円
5,000~7,000円
8,000~13,000円

※経口・経鼻内視鏡とも同額です。
※初再診料・診察料・薬剤料等を含みます。
※1割負担の方は上記の3分の1程度でお考えください。