ページトップへ戻る

胃カメラ予約
診療予約
お問い合わせ
内視鏡内科
当院の内視鏡検査
Gastroenterological Endoscopy

 内視鏡検査として、経鼻内視鏡検査(胃カメラ)や、鎮静剤を用いた胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査を行っています。当院では最新鋭の内視鏡システムと「消化器内視鏡学会専門医/指導医」による最良の環境で受けて頂くことを目指しております。

1. 鼻から挿入する
経鼻内視鏡検査
1. 鼻から挿入する経鼻内視鏡検査
 経鼻内視鏡検査とは、通常では口から挿入する内視鏡検査(胃カメラ)を鼻から挿入して行う検査です。
口から挿入する内視鏡検査と違い、嘔吐反射がみられず『オエッ』となりにくい状態で検査を受けることができます。
もっと詳しく見る
2. 鎮静剤を用いた内視鏡検査
2. 鎮静剤を用いた内視鏡検査
 内視鏡検査では「オエッ」、大腸内視鏡検査ではお腹の張りや痛みなど、少なからず苦痛を伴うものです。熟練した技術に加え、個々に合わせた最適な量の鎮静剤を併用することで「正確で、苦痛のない」内視鏡検査を受けて頂けるようつとめます。
※鎮静剤は眠気が残るため、お車の運転は翌朝までお控えください。
もっと詳しく見る
3. 日帰り大腸ポリープ切除術
3. 日帰り大腸ポリープ切除術
 当院では検査時にポリープを認めれば、積極的に日帰り治療しております。なお、入院治療が必要と判断した場合は連携病院へ紹介させて頂きます。
もっと詳しく見る
4. 夕方からの胃内視鏡検査
4. 夕方からの胃内視鏡検査
 朝お忙しい方は是非ご利用ください。朝食は検査の9時間以上前に摂って下さい。朝食は消化の良いものを食べるようにして下さい(予約時お伝えします)。無色の水分は検査直前まで摂取可能です。
お気軽にお問い合わせください。
5. 胃・大腸内視鏡検査の同日施行
5. 胃・大腸内視鏡検査の同日施行
 忙しい方の時間的負担を考慮して、ご希望の方には胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受けて頂くことが可能です。
お気軽にお問い合わせください。