ページトップへ戻る

胃カメラ予約
診療予約
インフルエンザ予防接種予約
お問い合わせ
禁煙外来
禁煙外来
Smoking Cessation Clinic

 喫煙は「ニコチン依存症」という薬物依存症であり、治療が必要な病気です。自分だけで禁煙をすることは非常に困難です。禁煙外来では禁断症状に対するアドバイスや、貼付薬・内服薬などによる医学的治療を行い、禁煙を希望する方を強力にサポートいたします。
当院は健康保険等で禁煙治療が受けられる医療機関です。

禁煙治療
保険適応について

ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。自己負担3割の方は約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度です。

その条件は、以下の5つが必須条件です。
ニコチン依存症判定テストへ

ニコチン依存症の判定テストが5点以上

ニコチン依存症判定テストへ

1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上(※35歳未満には上記要件はありません)

直ちに禁煙を始めたいと思っている

禁煙治療を受けることを文書で同意している

過去1年以内に健康保険を使った禁煙治療を受けていない

禁煙外来の流れ
最初の受診
・ニコチン依存症テストを行い、ニコチンへの依存度を確認します。
・あなたの息に一酸化炭素(たばこに含まれる有害物質)がどのくらい含まれているか確認します。
・あなたの禁煙開始日を決定し「禁煙宣言書」に署名していただきます。
・ニコチン切れの禁断症状に対するアドバイスを行います。
・あなたに合った禁煙補助薬を選び、特徴や使い方を指導します。
2回目の受診
・あなたの息に一酸化炭素(たばこに含まれる有害物質)がどのくらい含まれているか確認します。
・ニコチン切れの禁断症状に対するアドバイスを行います。
・禁煙補助薬の切り替えや減量を行います。
・以後、5回目までこれらの治療を継続して行います。
3回目の受診 最初の受診から約1か月後
3回目の受診 最初の受診から約1か月後
・そろそろ禁煙の効果を実感し始める頃です。
4回目の受診 最初の受診から約2か月後
4回目の受診 最初の受診から約2か月後
・禁煙にだいぶ慣れてくる頃です。
5回目の受診 最初の受診から約3か月後
5回目の受診 最初の受診から約3か月後
・最後の受診です。この頃には禁煙の習慣が身についているでしょう。
治療を終了
今後も禁煙を続ける上での相談やアドバイスを行い、治療を終了します。
詳細は、下記よりファイザーのサイトをご覧ください。
ニコチン依存症判定テストへ