十二指腸潰瘍とは

十二指腸潰瘍とは、十二指腸の粘膜の表面が炎症によりただれ、一部が欠損してしまった状態です。

みぞおち~上腹部の痛み、空腹時の痛み、食事を摂ると楽になる、背部痛、吐き気などの症状を引き起こし、重篤になると、吐血や激しい痛みなどを伴うこともあります。

十二指腸潰瘍の症状

・みぞおちや上腹部の痛み
空腹時痛が特徴で、食事摂取により軽快します。

・背中の痛み
十二指腸は体の背側にあるためです。

・吐き気、みぞおちの不快感

・黒色便
潰瘍から出血すると、血液に含まれる鉄分の色で便が真っ黒になります。緊急で胃カメラを受ける必要があります。

十二指腸潰瘍の原因

ピロリ菌痛み止めの薬などにより起こります。

十二指腸は潰瘍によって変形を来しやすく、繰り返すことで十二指腸の変形により狭窄してしまい食物の通過障害を起こすこともあります。

十二指腸潰瘍の診断

胃カメラを行って実際に十二指腸の状態を確認します。

十二指腸潰瘍の治療

胃酸を抑えるを内服します。

ピロリ菌陽性の場合は潰瘍が治ってから除菌治療を行います。

痛み止めなどの薬を飲んでいる場合は中止します。

診療時間
9:00〜12:30
15:00~18:00××
※大腸内視鏡検査は木・土曜日は行っておりません。
※受付は診療終了時間の15分前迄となります。
□休診日/日曜・祝日