胃潰瘍とは

胃粘膜の防御力低下や胃酸過多によって胃粘膜が胃酸で分解されてしまい、深く傷付いた状態が潰瘍です。

悪化すると出血し、まれに胃に穴が開いてしまうこともあります。

胃潰瘍の症状

お腹の上の方やみぞおちに症状を起こします。
違和感や不快感だけの場合もあります。

悪化すると吐血や黒い便を起こすことがあり、胃に穴が開いてしまう穿孔を生じると激痛を起こします。

胃潰瘍の原因

ピロリ菌感染によって起こっているケースが多くみとめます。

熱さまし、頭痛薬、痛み止めなどの非ステロイド系消炎鎮痛薬、市販の風邪薬による薬剤性もあります。

ピロリ菌に感染していると胃に慢性的な炎症を起こしやすく、そのダメージが重なって傷が深くなると潰瘍になります。

胃潰瘍の診断

胃カメラで粘膜の状態を直接確かめて診断しています。

検査中に組織を採取して病理検査を行うことで幅広い胃疾患の確定診断が可能ですし、ピロリ菌感染の有無を確かめることもできます。

また出血している場合は、内視鏡検査中に止血処置もできます。

胃潰瘍の治療

胃酸分泌抑制剤を用い、胃粘膜保護のための薬剤も処方します。

ピロリ菌感染陽性の場合は、粘膜の状態がある程度回復したら除菌治療を行います。

薬剤による潰瘍の場合には内服の中止をします。

出血がある場合には、内視鏡検査中に内視鏡的止血術を行います。

傷が深く出血がひどい場合や、穴が開く穿孔を起こしている場合には緊急手術が必要になります。

診療時間
9:00〜12:30
15:00~18:00××
※大腸内視鏡検査は木・土曜日は行っておりません。
※受付は診療終了時間の15分前迄となります。
□休診日/日曜・祝日