日帰り大腸ポリープ切除術

当クリニックでは大腸ポリープに対して日帰りポリープ切除を施行しています。

大腸ポリープは大きくなるとポリープの一部ががんになる可能性が高くなります。進行がんになるとリンパ節や他臓器への転移の可能性が出てきますので、内視鏡での切除は不可能となります。
そのため、ポリープを早期発見し、切除することが重要です。

当院では発見したらその場で切除できるよう体制を整えております。
ただし、大きなポリープや出血しやすそうなポリープの場合は入院治療のため、高度医療機関に紹介させて頂いております。

日帰り大腸ポリープ切除の安全性

当院で導入している内視鏡システムは特殊な光や拡大などにより微細な変化も観察できるため、切除前にポリープの詳細な観察して切除が可能かどうかを適切に判断して安全性を高めています。

日帰り手術としての切除が不適切なポリープは、術後に出血や穿孔を起こすリスクがあるもの、そして遺残を起こす可能性があるものです。連携している高度医療機関をご紹介してスムーズに治療を受けて頂けるようにしております。

大腸ポリープの切除方法

コールドポリペクトミー

コールドポリペクトミーはスネア(金属製の輪)を用いて、電流を通さずにポリープを切除する為、出血や穿孔の偶発症が少ない切除方法です。比較的小さなポリープが対象となります。

また、心臓ペースメーカーや金属製ステントを留置している方、抗血栓薬を内服されている方でも可能な切除方法です。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

平坦な形のポリープや大きめのポリープの場合は、ポリープを浮き上がらせ粘膜下に薬液を注入します。
その後スネア(金属製の輪)を引っ掛けて、高周波電流を用いて焼き取ります。

ポリープを切除しても、筋肉より深い層(腸に穴があいてしまう層)に通電することを防ぐことができます。

大腸ポリープ切除術後の合併症

血管を焼きながらポリープを切るため、切除中の出血が少ないという利点がありますが、帰宅後のキズが治る過程において時間が経ってから出血や腸に穴が開く(穿孔)などの合併症を起こすことが稀ですがあります。
緊急入院や、緊急手術が必要となることがあります。
切除後1~2日以内に起こることが多いです。

診療時間
9:00〜12:30
15:00~18:00××
※大腸内視鏡検査は木・土曜日は行っておりません。
※受付は診療終了時間の15分前迄となります。
□休診日/日曜・祝日