ページトップへ戻る

胃カメラ予約
診療予約
お問い合わせ
院内・設備紹介
院内紹介
Facilities
主な導医療機器
  • 主な導医療機器
  • 主な導医療機器
  • 主な導医療機器
  • 主な導医療機器
  • 主な導医療機器
主な導入医療機器
Medical Facilities
内視鏡システム
オリンパス社製

 当院は最上位かつ最新のシステム(EVIS LUCERA ELITE)に加え、胃内視鏡(経鼻、経口の2種類)、大腸内視鏡ともに最新鋭のスコープを導入しております。いずれも細径タイプでありながら、高水準の画質を実現しております。

内視鏡システム
経鼻内視鏡と細径胃
内視鏡
オリンパス社製

 胃カメラが苦手な方は、鼻より挿入できる経鼻内視鏡(先端部5.4mm)を用います。精密検査が必要な方は、超高画質と狭帯域光観察(NBI)が可能な細径胃内視鏡(先端部8.9mm)を用います。

主な導医療機器
大腸内視鏡・
炭酸ガス送気装置
オリンパス社製

 当院では操作性にすぐれ、微細な病変も見逃さない拡大機能を備えた最新鋭の細径拡大内視鏡を導入しております。通常、大腸内視鏡検査は腸内に空気を注入しながら行いますが、空気は腸内にたまり苦痛の原因となっていました。炭酸ガスは空気の200倍以上のスピードで吸収されるため、空気の代わりに炭酸ガス送気装置で炭酸ガスを送気することで、おなかの張りが少なく、楽に検査を受けて頂くことが可能です。

高周波焼灼電源装置
オリンパス社製

 最新式の高周波焼灼電源装置で、主に日帰り大腸ポリープ切除治療の際に使用します。きめ細やかな設定が可能で安全に内視鏡治療を行うことができます。

超音波診断装置
日立製作所製

 主に腹部検査(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、膀胱など)に用います。エラストグラフィを活用することで肝炎、肝硬変の評価が可能です。また、血管弾性評価を行うことで早期動脈硬化の予防と診断が可能です。

高感度インフルエンザ
検査装置
FUJIFILM社製

 従来の検査と比較して、自動判定・高感度検出技術によりインフルエンザウイルスが少ない発症初期でもウイルス検出可能となり、早期診断・治療が可能な機器です。

AED
日本光電社製

 当院に安心して受診して頂けるよう院内での万一の事態に備え、設置しております。